日記いろいろ

その日の出来事、見たこと感じたこと、気になるニュースについて。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共依存

苦しいけれど、離れられない
共依存・からめとる愛  信田 さよ子著
/朝日新聞出版
レビュー(参考:Amazon)

家族、夫婦、親子、恋人のあり方と生き方を
著者(カウンセラー)の経験をもとに書かれた本だと思います。

この本に出てくる主なものとして
タイトルにある「共依存」と「AC(アダルトチルドレン)」
どちらもアメリカから来た言葉で、
アルコール依存症に関することからきています。

ACはよく知られたところだと思いますが、
元来、アルコール依存症の父と共依存の母の間で育った子どもで、
現在では機能不全家族で育った人のことだそうです。
(参照:Wikipedia 機能不全家族)


「共依存」(参照:Wikipedia 共依存)
相手との関係性に過剰にとらわれていること。

元来は、妻がアルコール依存症の夫のケアをすることで、
夫の飲酒が進む(幼児化し、ケアを求める)状態である
ということ。
「やめさせたい」一心で懸命にケアする妻であるはずが、
そのケアが原因で悪循環になっているといわれています。

夫や恋人からのDVも共依存1つ。

・夫→妻への依存
夫の飲酒や暴力に耐え、家庭を守る妻。
夫のケアすることで満足感を得ている。
(離婚して家を出ても経済力がないため耐えている)

・妻→夫への依存
一見すると、献身的な素晴らしい夫だけど、
実はそれが夫が意図的に巧妙に作り上げたもの。
しかしその原因は、夫が妻の存在を無視したことで、
行き場をなくしやりきれずにアルコールへという現実。
ケアを通して妻の自分で生きる力を奪う存在に。


以前、日本でも大ブームだった「冬のソナタ」。
純愛といわれたこのドラマの裏にあるものは?

2人の男性の共通点は一見すると
・ヒロインを愛しているということ
・ヒロインの幸せを願っていること

だけど、ヒロインの本当の気持ちや願いは何か
ということを見ていくと違うのでは?

ドラマのセリフからみていくと、
・男性はやさしく言いながら
相手が逆らえないような状況を作り出している。
・実は巧妙に相手の心理に操作している
ということでした。

「ぼくはこんなにもキミのことを想っているよ」という
気持ちの強引な押し付け。

純愛は pure love といわれると思いますが、
一方、純粋の類義語としてinnocentは、
良い意味では「純真」「無邪気」などだけど、
裏返すと「無知」「単純」
(注:innocentは形容詞なので意味は「~な」となります)

このドラマのヒロインのタイプがこれだったように思えます。

ドラマが日本で放送されていた頃、
原作(日本語訳)を読んでたのですが、(私も)違和感を感じました。
また、純愛にあまり興味がなかったのでドラマは観たことがありません。

[補足]
ドラマを観れば理解は楽ですし早いのですが、
これまでのドラマが、音(効果音や音楽)やモノローグがうるさくて、
つまらないものが多く、
ストーリーに集中できないので観ていませんでした。



共依存の背景に家庭環境が大きく関わっていて、
本人が気付かない限り親から子へ、子どもから孫へ
と連鎖していく可能性が高いです。
負のスパイラルを断ち切るには、
本人だけでなく、家族と第三者(カウンセラーなど)の協力によって
自分を見つめなおし、構築しなおしていくことが必要だと思います。
それには、弱さを認め、立ち向かう強さと根気強さですが、
果たして、もし私が となるとあるのか自信がありません。
スポンサーサイト

Comment

ワニさまへ 

病気を認識することから始まりますよね。
(周囲が話しても当人が認識しなければ無意味なので)
現実を認めてしまうと、逃げ道をなくすように感じて
自分の心を守るため、認識を拒否するかもしれませんが。


そうですよね。
「恋愛」と1つの単語になっていますが、
恋と愛は同一ではないと私も思います。

ヒーローやヒロインは、あくまでも架空の人物。
そこにいる俳優さんたちは、
原作または脚本を俳優さんたちが理解して
人物を演じているだけだと思っています。
ワニさんのおっしゃるとおり、
作者側にその意図があったのでは?と思ったのです。

恋愛や好きなことに対するパワーはすごいですv-91
どこから出るんだろうと不思議に思うこともありますv-405

お知らせありがとうございますv-435
あのシリーズの「ぐうたら交遊録」ですね!
図書館へ行った時に探してみます。
  • posted by ゆちゅみ@管理人 
  • URL 
  • 2009.06/24 23:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

依存症については病気なので治療が必要でしょうね。
病気として認識することが大事だと思います。
自殺の90%以上はうつ病で治療で治る、と斉藤茂太さんは云ってましたよ。

冬のソナタに関して云えば、
私の考えは古臭いかもしれませんが、
恋愛と愛は異なるものだと思います。
恋愛は一過性のもので必ずさめますよね。

一方、愛は育て上げるものだと思うんですね。
たとえば結婚の場合、愛は結婚してからがまさにスタート。
二人して空間を共有しながらお互いの愛を時間をかけて育て上げるんです。

ですから冬のソナタの恋愛は、ヒーローやヒロインに作為的なものは無く
本能的に無意識に行動した結果ではないかと思うんです。
もう少し云うと、作為的なものがあったにせよ、
それは恋愛がなせるワザではなかったと思うんですよね~
当然強引だろうし・・
知識人であろうとも後で考えると恥ずかしいことでも平気でやってしまうんですよ(^^;
(もちろん作者は計算して創ったのだとは思いますけど:笑)

恋愛は何とか成就したいと言う思いが強いから、とてつもないパワーが出てくるんです。
仕事も趣味もそうですが、好きなことだとパワーが出ますよ。
人にとっての究極の共通認識が恋愛のような気がしますね~
だから恋愛は皆にとって面白いんですよ(^^)v

そうそう、遠藤周作さんのぐうたらシリーズのエッセイは、
「ぐうたら交遊録」が一番好きです(^^♪
  • posted by ワニ 
  • URL 
  • 2009.06/24 12:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

ふみふみさまへ 

そうなんですよね。

ふみふみさんのおっしゃるとおり、
程度の違いだけで意外と当てはまる部分が
あるかもしれないと思いました。
精神的な問題は表面化しにくく、
扱うのは「もの」ではないので、
対策や方法も1つではないですし、難しいですよね。

冬ソナ、ご覧になったのですね。
で、感想は「ハッキリせいっ!」と(笑)
自分や相手のことを考え過ぎると
身動きが取れなくなるのは分かるのですが
それではみんなが苦しむし困りますよね。
中途半端なやさしさは、かえって残酷ですよね。
期待していいの?って、思ってしまうから。

そういえば聞いたことがあります。
昔の日本の少女マンガを手本にしていたこと。
なぜ、そこで事故にあう?とか、記憶喪失になるかな
と思いました(笑)

やさしい、かんたん(楽)な方に流れる気持ちは分かる!
私にもありました。
といってもモチロン恋愛ではないですが(笑)

韓国ドラマは謎な展開が多いんですね。
韓国のもので観たことがあるのは
映画『私の頭の中の消しゴム』と『四月の雪』ですが←レンタルで
たしかにそう感じました(笑)
  • posted by ゆちゅみ@管理人 
  • URL 
  • 2009.06/24 12:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

機能不全家族、共依存。
専門家から見たら程度の大小はあると思うけど、私にも当てはまる気がします。
うつ病も心の風邪と表現されるように、こういった精神的な問題って誰にでもあり得るものなのかもって思いました。
本人達(大人同士)はいいかもしれないけれど、影響を受ける子供は可哀想ですね。
気をつけないとv-355って子供いないけど(^_^;)

冬ソナ、観ましたよ~
感想としては、ユジン(ヒロイン)どっちかハッキリせいっ!!(笑)
好きな相手を振り向かせよう(自分のものにしよう)というのは、ある意味普通のことではないかしら?
ちょっと狂気じみてた気もするけどe-263
ヨン様(役名忘れ)が好きなら、余計な優しさをかけなきゃいいのにv-355ってヒロインの方にイラッと来ましたv-411
韓国ドラマって、昔の日本の少女漫画がお手本になってるって聞いたことがあるんですけど、なるほどそんな感じ~(突然記憶喪失とか(笑))
けど、よ~~く考えたら現実よくあることなのかも・・優しくしてくれる男性に流れちゃうとかね。

記事のテーマから離れてきちゃったけど、韓国ドラマって謎な展開が多いです。
  • posted by ふみふみ 
  • URL 
  • 2009.06/24 09:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

検索

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
最新の記事+コメント

日記いろいろ について

内容
その日の出来事、見たこと感じたこと
気になるニュース

カテゴリーについて
リンクについて
ブログについて
コメントについて

お気に入りはこちら

当ブログはリンクフリーですが、
一言ご連絡いただけると嬉しいです
(リンクフリーはトップページのみ)



~ケイタイ(QRコード)~
QRコード




ゆちゅみ

Author:ゆちゅみ
めがねっ娘。
ホスピタリティ旺盛なメイド?で
学校の先生のような性格だとか。
すき:わんこ&にゃんこ
特にトイ・プードルが大好き
家:にゃんこ3匹(たぶん7歳)
日課?:ねこの医学書探し&読むこと

いぬとねこ

1匹でも多く幸せになってほしいですね いつでも里親募集中 ぜんこく犬猫助成金リスト
猫とネコとふたつの本棚

カテゴリー

グリムス

かわいい

まねきねこダック

Translation(自動翻訳)

最近読んだ本

1つ1つの話が短くて読みやすかったです

ジョージ・ウィンストンはかなり欲しい! 誰かくれないかなぁ(笑)

ゆちゅみの本棚

今、読んでいる本や、気になっている本、 これから読む予定の本などを集めてみました。

ジャンルはバラバラです(笑) 本あり、CDあり、DVDあり(^-^A

カウンターなど

オンライン:
ありがとう!

C-Checker

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。