日記いろいろ

その日の出来事、見たこと感じたこと、気になるニュースについて。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えされられた本

すべて僕に任せてください―東工大モーレツ天才助教授の悲劇 今野 浩/著 新潮社
(参照:Amazon)
ある1人の教授が、生命を削ってすり減らした結果、
40代前半という若さで亡くなりました。

好きなものに対して純粋であったために、
自己中心的な部分もあり、誤解を招くことも。。。

学問や学会は、特殊で閉ざされた世界のように思えます。
(それはノーベル賞についても同じように感じていました)

才能や能力があっても無意味な世界なのかな。
大学の影の部分、権力、人間のエゴ、弱さをみたようでした。


暴走するネット社会―ネットは人間に幸福をもたらしたか 北島 圭/著 花伝社
(参照:Amazon)

「歴史は繰り返す」
この本を読んで、この言葉が浮かびました。

新しいものに対する警戒心や拒絶。
いち早く使い始めるのは一般ではなく闇組織だそうです。

ツールをどのように使うかはユーザー次第。

かつては限られた人々だけが使うツールだったネット。

パソコンや携帯電話が普及し、ブロードバンドになり、
人々にとってインターネットが身近になった現在。

パソコン通信からインターネット(ブロードバンド)、
ホームページからブログへ移ったように、
年齢層によってよく使うツールは異なります。
(例:10~20代 携帯電話、30~40代 パソコン)

最近、一部地域で法案化された学校内で携帯電話の所持禁止。

学校内で禁止するのもひとつの方法だと思います。

しかし、ここで1つの疑問が。。。
所持の有無を毎日誰がいつどのように確認するの?


携帯電話やパソコンをツールと考えられればいいのですが、
それらに依存してしまうのが一番危険。

人間は1人では生きていけません。
どこかで誰かの世話になったり、恩恵を受けています。

となると、人とのかかわりを避けて生きることは不可能ということに。

「距離感」をどのようにしてつくり、調整するかということだと思います。

ツールであるはずのパソコンや携帯電話に依存しないでいるには?
人々にとってより安全なネット社会とは?
規制で縛るより、よりよい社会へするために他に方法は?


課題はまだまだ山積みで、解決への道は遠いです。
スポンサーサイト

Comment

ミルパパママさまへ 

光に影(闇)があるように、便利なことも表裏一体ですよね。
(便利だから良いとは限らない)
本当ならこのような規制を作らなくてもいい社会であってほしいです。

ミルママさんのおっしゃるとおり、
人間社会の中で、人との関わりを絶つというのは
現代社会ではほとんど不可能だと思います。

享受しているこの携帯電話もネットも
人が考え、人がサービスしているものだから、
人間関係やコミュニケーションのとり方などを学んで欲しいです。
また、そんな機会を考え、作る必要があると思っています。

・上司から怒られると(すぐに)仕事を辞める
・本人の親御さんから「○○(子ども)を辞めさせます」という電話
・見ないな~と思っていると、(注意が原因で)辞めていた
など、仕事をすると信じられないことがあります。
我慢しようとしないんですね。

学校が終われば、塾や習い事。一週間がそれで過ぎてしまう。
家族や地域の人たちと実際に関わりあえないという
コミュニケーション不足からきているものが多いと思います。
  • posted by ゆちゅみ@管理人 
  • URL 
  • 2009.07/16 14:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

キキコさまへ 

100%安全というのは無理だとしても
より安全な社会(ネットに限らず)になってほしい
と思っています。
そのためには個々人の意識と努力が必要なのですが。。。

記事やコメントをその場で削除しても、
削除する以前にあった過去は変えられないですよね。
また、削除するより前に誰かがそのデータを保存していたり
コピペで他のサイトに貼り付けたり
ということもネット社会では考えられますし。。。

キキコさんのおっしゃる通り、
こころの傷は時間が癒すといっても、
完全に癒えることは難しいですよね。
また、何かの拍子に表面化することもありえますし。

「人がだいすき」と言えることが大切だと思います。
最近では、「人がこわい」という人が多いので。。。

あら、ポストとの往復ですか(笑)
って、私も図書館との往復なのであまり変わりませんが(^-^A

距離感も難しいですよね。
距離感が分からないこともあって、
手軽な携帯電話に依存していくのだと思いますが、
それだけでは、生きていくにはダメなんですけどね。
(携帯電話で距離感が分かっているかは疑問ですし)
人と全くかかわりなく生きていくのは不可能だと思うから。

距離感は安全なネット社会と同じで、永遠のテーマかもしれません。
1つの方法ですべてうまくいくということはないので、
日々、学んでいくしかないと思っています。
  • posted by ゆちゅみ@管理人 
  • URL 
  • 2009.07/16 13:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

ふみふみさまへ 

ふみふみさんは理数系ですか?v-391(私は芸術系←誰も聞いていない)
体質もありますが、人柄の良い先生が
若くしてまたは(予想外に)早くに亡くなるということはありました。
周囲は分かるくらいドロドロでしたかv-388
良くも悪くも個性的な方が多いですよね。
オープンキャンパスに行った時や講義など、そう思いました(笑)

ネットや携帯電話はツールの1つ。
ツールに飲み込まれてしまうことが問題だと思います。
お酒と同じで、お酒も適度に飲めば良いのですが、
お酒に飲まれて、つぶれるまで飲んで周囲に迷惑をかけたり、
飲んだ後に運転したり というのと似ているかもしれません。

なので、ネットや携帯電話は時代の流れであって、
それが、コミュニケーション能力低下に直結する
と考えるのは難しいと私も思います。

同感です。
子どものうちから携帯電話やネットをというのは違うような気がします。
使わせる前にお互いに話をして理解する必要があると思うので、
子どもたちのことを思うなら、その子どもたちの特性などを考慮するため、
時期を見たほうがいいと思っています。
  • posted by ゆちゅみ@管理人 
  • URL 
  • 2009.07/16 13:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

チャピマさまへ 

読んでいて、本当にそんな世界だと思いました。
派閥、権力、お金はどこにいっても逃れられないですね。

あはは!活用するためならいいと思いますよv-411
便利なものがなくなると困るというのも
ごく当然の心理だと思います。

ただ、これが「離れられない」ような依存は怖い
ということだと思うんです。

たとえば携帯電話なら
来たメールにはすぐに返事しないと や
出したメールにすぐに返事がないと で
そのために携帯電話が手離せない

たとえばパソコンなら
オンラインゲームを始めたら、途中でゲームを抜けられない
抜けるとパーティー(一緒にゲームをしている仲間)に迷惑をかける

というようなことが依存だと思います。


ツールの違い、50代以上は書いていなかったような。。。
(私の記憶がないだけなのかもしれません。ごめんなさいv-436)
  • posted by ゆちゅみ@管理人 
  • URL 
  • 2009.07/16 12:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

ワニさまへ 

ありましたね。私も覚えています。
印象的な言葉で驚きました。

かつては本ばかり読んでv-389だったものが
ポケベルになり、携帯電話やパソコンに変わっていったんですよね。

ネット、オタクという言葉が一般化したことで
ネットオタクという言葉も一般的になっただけですね。
そして、以前はどの言葉も一般的ではなかったから出てこなかった。
出てきても「ひきこもり」くらいで。。。

オーディンの「転ばぬ先の杖」ですね。v-410
どんなに時代が変わっていっても
基本の部分までが変わるのではなさそうですし、
根っこの部分まで入れ替わるのは
そう簡単に起こることではないですね。

小説家ねぇ~。v-389というような
小説家もかつては良くないイメージがあったようですね。
本や雑誌(エッセイやインタビューなど)で読んだことがあります。

過去があるから、現在も未来もある。ですよね。
過去を知り、学ぶことで現在未来と繋げてゆけるv-434
と私も思います。
  • posted by ゆちゅみ@管理人 
  • URL 
  • 2009.07/16 01:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ゆちゅみさんへ
そうなんですよね、それだけに依存してしまう事が怖いです。
今学校で携帯持参が禁止という方向に
動いていますが、若い柔軟な時に色々な人とかかわり
人間関係やコミニケーションのとり方を勉強して欲しいですよね。
今の若い人に、ここが不足してる所ですよね。
便利さが邪魔をする事ってあるものね。

ゆちゅみさま 

東京工業大学のモーレツ准教授さん。。。
わたしもご冥福を祈っているものの一人です。

人々にとって安全なネット社会・・・。
これは永遠のテーマになることでしょうね。
都合の悪い記事、コメントは削除できても、
こころにのこった傷は削除できませんよね、
ときが解決してくれることなんて、しれてるし。
だけど、私事ですが、わたしは人がだいすき。
普段は、どちらかというと引きこもる割合が多いけど(意外?)
きょうもポスト以外にはでていません(笑)
でも、やっぱり人がだいすき。。。
損や得や、そんなことなーんにも関係なく人がだいすきです。
うまくいえなくてごめんなさいね。
「距離感」これまた、自分ではうまく調整しているつもりでも、
先方さまにとっては、そう感じていただけてないこともあるし。
近すぎるのか遠すぎるのか、これこそまさしく、じっくりと時間をかけたいかなあと思います。
自分でもなにを言っているのか・・・(^^;)
ごめんなさいね。。。
  • posted by キキコ 
  • URL 
  • 2009.07/15 20:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

1冊目の本の世界、身近でした・・
元々の体質だったのか、若くして亡くなった先生もいました。
私の周りは、かなりドロドロでしたよ~・・e-236
変な人も多かったしv-403

ネットや携帯電話。時代の流れ・・と考えるべきなのか、コミュニケーション能力を低下させる・・と考えるのかは難しいなぁと思います。
携帯によって、若者の間には新しいコミュニケーション方法が生まれてもいるし、それが新しい文化・・とも言えるのかなとか。
でもやっぱり子供のうちからネットを使わせるっていうのは、私が親だったら反対だな~(笑)
  • posted by ふみふみ 
  • URL 
  • 2009.07/15 15:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

最初のは、「白い巨頭」の世界だよね。
どこへ行っても、多かれ少なかれそういう事はあるんだろうけれど、大学の裏側はかな~り陰湿そう……。

次のは、ドキッ!
確かに、かな~り活用はしていると思う。
もしパソコンが使えなくなったら、すごく困る!
ってことは、依存してるのかなぁ~。

年齢層によるツールの違い。
50代以上は何なんだろ…(ボソッ。笑)
  • posted by チャピマ 
  • URL 
  • 2009.07/15 14:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

寺山修二は「書を捨てよ、町へ出よう」って昔言ってましたね。
部屋に閉じこもって本ばっかり読んで現実を見ないのはダメと言う事でした。
今のネットオタクと一緒かなぁ。
大江健三郎は「見る前に飛べ」、、ちょっと意味は異なりますが、
しかしいつの時代も形は変わっても根っこは一緒のような気がします。
それに小説家は三文文士といわれて卑下された時代があったでしょ。
ふるきを訪ねて新きを知る、歴史を学ぶとはまさにそう言うこと。
今の時代を読み取るために歴史を考察するのだと思いますね。
  • posted by ワニ 
  • URL 
  • 2009.07/15 09:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

検索

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
最新の記事+コメント

日記いろいろ について

内容
その日の出来事、見たこと感じたこと
気になるニュース

カテゴリーについて
リンクについて
ブログについて
コメントについて

お気に入りはこちら

当ブログはリンクフリーですが、
一言ご連絡いただけると嬉しいです
(リンクフリーはトップページのみ)



~ケイタイ(QRコード)~
QRコード




ゆちゅみ

Author:ゆちゅみ
めがねっ娘。
ホスピタリティ旺盛なメイド?で
学校の先生のような性格だとか。
すき:わんこ&にゃんこ
特にトイ・プードルが大好き
家:にゃんこ3匹(たぶん7歳)
日課?:ねこの医学書探し&読むこと

いぬとねこ

1匹でも多く幸せになってほしいですね いつでも里親募集中 ぜんこく犬猫助成金リスト
猫とネコとふたつの本棚

カテゴリー

グリムス

かわいい

まねきねこダック

Translation(自動翻訳)

最近読んだ本

1つ1つの話が短くて読みやすかったです

ジョージ・ウィンストンはかなり欲しい! 誰かくれないかなぁ(笑)

ゆちゅみの本棚

今、読んでいる本や、気になっている本、 これから読む予定の本などを集めてみました。

ジャンルはバラバラです(笑) 本あり、CDあり、DVDあり(^-^A

カウンターなど

オンライン:
ありがとう!

C-Checker

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。