日記いろいろ

その日の出来事、見たこと感じたこと、気になるニュースについて。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域医療経営

日本の医療崩壊を救う「地域医療経営」―ニュージーランドの医療革命に学ぶ 税務経理協会
永野 和雄/家村 均 著
(参照:Amazon)

かつては国民全員が保険に加入し、安心して医療を受けることが出来ました。
しかし、少子化と高齢社会、国や政府がきちんと対応策を考えずにきたことが、
・高齢者の医療費の増加による若年者の保険の負担の増加
・保険の改定により、企業が健康保険を解散せざるを得ない状況
・無保険者の増加 など
そして、企業の健康保険がなくなり、政府管掌健康保険への加入者増加。
(社員数700名以上の企業は企業の健康保険か政府管掌健康保険組合を選べます)

この政府管掌健康保険の財源は国民の税金。
この加入増加は国民の負担増に跳ね返ってくる可能性が高いので要注意です。

また、経営困難や財政悪化で
採算の取れない診療科や病院そのものの閉鎖。
国公立系の病院で赤字経営でないところはないに等しいのが現状だそうです。


日本の保険の現状を見直し、どうすれば医療崩壊せずにすむ?
安心して病院で医療を受けることが出来る?
というのをニュージーランドをモデルに考えるというのがこの本。


かつてニュージーランドでも医療崩壊が叫ばれていた頃があり、
国や政府がその対策を考え、実行しています。

なんでもデジタル、IT化することは良いと思いませんが、
依存するのではなく、あくまでもツールとして利用するスタンスであれば
制度として良い結果を生み出せるかもしれない。
以前のように安心して医療を受けられる何か良い方法が見つかるのでは
と期待したくなります。
スポンサーサイト

Comment

ミルパパママさまへ 

みんなが安心して暮らせる社会ではなくなっていますよね。

掛けた分の保証さえ出来ない年金。
30年前から減少し始めている出生率。

問題や苦しみを国民に押し付け、何もしてこなかった。
これが原因の1つだと思います。
  • posted by ゆちゅみ@管理人 
  • URL 
  • 2009.07/27 20:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

マりのママさまへ 

ありがとうございます。
早速テンプレートを変更しました←新しいものが好き(笑)

個人病院で入院取り扱いとなると、
そこそこ以上の規模の病院だから、
いろいろ経営や運営も大変そう。。

諸経費はかかるけれど儲けはなさそうですよね。
病院へ行くと検査したり薬が処方されたりしますが、
なぜその検査や薬が必要なのか
きちんと理由を説明しなかったり、
質問することを許さないような先生もいますよね。
一方で病院をコンビニのような扱いをしたり、
毎日のように病院へきて、診察や点滴をして、
ただペチャクチャとしゃべっているだけだったり、
やたらと薬を欲しがる人がいる
というのも問題で。。。

病気にならないと思うと保険に入ろうとは思わないですし、
保険に入っている間は
病気になることも病院へ行くようなこともほとんどない
ということもありますよね。
使うことがないものに対して毎月ただ掛けていくのも
掛け捨てのようでもったいないと感じて保険に入らなくなる。
するとその後に病気になったり。。。

明細書をみると、診察料、検査料が点数で記載されていますが、
これを全額自己負担となると、とても簡単に支払える額ではない
と驚くことが多いです。
  • posted by ゆちゅみ@管理人 
  • URL 
  • 2009.07/27 14:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

ゆちゅみさま 

なにに重きを置くか・・・。
わが国は、そんな観点から見直していかなければならいないと思ってしまいます。
まずは、大きく括って、国民の命ですよね。
保険、自分のための自分がかける制度。
なんて簡単そうですが、難しい問題で。
振り返ってみると、旧厚生省の間違いだらけの箱物つくり。
ときの総裁もなぜストップをかけなかったのか。
なにに麻痺していたのか。怒りがこみあげてきます。
よわいものを切り捨てる制度が確立しているような気がしてしまいます。
とにかく、高齢化社会に突入してしまったのですものね。
若い子たちが国を支えていかなければならない現実は、
特に医療において、ほかの部分の税率をひきあげるしか方法はないかと思ってしまいます。
これにしても弱者がなくのですけどね。
たとえば、法人税をあげていくと(実質、法人税をはらえている企業は少数ですが)
人員削除にむすびつくようになってしまうのが現状です。
となると、やはり、消費税はあがっていくとおもいます。
地方医療はすでに崩壊しています。
医師不足、医師も時間がいくらあっても足りない過酷な労働になっています。
医療現場の見直しも必須かと。
日本の医師たちに、まずは安心して働けるようにしてあげてほしいと切にねがいます。
結果、やはり消費税があがるのはそう遠い話しではないと思います。
  • posted by キキコ 
  • URL 
  • 2009.07/26 22:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ゆちゅみさんへ
健康保険もですが、年金問題もこれから先は不安ですよね。
半分負担がしんどい企業が増えてくると困りますよね。
色々不安が多い世の中になりそうです。

NoTitle 

ステキなテンプレートですね

地域医療・・・うち方面は
殆どの個人病院がベッド(入院)をなくしたそうです
儲からないから って
入院は医療の発達等でどんどん短期になりますが
医療費は高額になっていて払えない人が多いのだそうです
どうして保険に入らなかったの と聞かれると
皆 自分は病気にならないと思った と答えるそうです
全額自己負担では払えませんよね
病院の専門のカウンセラーの方から聞きました
  • posted by マりのママ 
  • URL 
  • 2009.07/26 18:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

検索

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
最新の記事+コメント

日記いろいろ について

内容
その日の出来事、見たこと感じたこと
気になるニュース

カテゴリーについて
リンクについて
ブログについて
コメントについて

お気に入りはこちら

当ブログはリンクフリーですが、
一言ご連絡いただけると嬉しいです
(リンクフリーはトップページのみ)



~ケイタイ(QRコード)~
QRコード




ゆちゅみ

Author:ゆちゅみ
めがねっ娘。
ホスピタリティ旺盛なメイド?で
学校の先生のような性格だとか。
すき:わんこ&にゃんこ
特にトイ・プードルが大好き
家:にゃんこ3匹(たぶん7歳)
日課?:ねこの医学書探し&読むこと

いぬとねこ

1匹でも多く幸せになってほしいですね いつでも里親募集中 ぜんこく犬猫助成金リスト
猫とネコとふたつの本棚

カテゴリー

グリムス

かわいい

まねきねこダック

Translation(自動翻訳)

最近読んだ本

1つ1つの話が短くて読みやすかったです

ジョージ・ウィンストンはかなり欲しい! 誰かくれないかなぁ(笑)

ゆちゅみの本棚

今、読んでいる本や、気になっている本、 これから読む予定の本などを集めてみました。

ジャンルはバラバラです(笑) 本あり、CDあり、DVDあり(^-^A

カウンターなど

オンライン:
ありがとう!

C-Checker

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。