日記いろいろ

その日の出来事、見たこと感じたこと、気になるニュースについて。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理学入門一歩手前

心理学入門一歩手前―「心の科学」のパラドックス
道又 爾/著 勁草書房
(参照:Amazon)

メディアなどから見聞きする心理学と大学などで学ぶ心理学
教科書(専門書)を見てみると同じではなく。。。

最近でこそ、少しずつ知られつつある「心理学」

この本では「心理学って?」というところから始まっています。
そのため、アリストテレスやプラトンなど
美学や哲学といった古典から説明されています。
一見関係なさそうに見える分野なのですが、根幹がここにあるそうです。

第1章ではこの古典の説明がされているので正直難しかったですが、
それも現代の「心理学」への経過を知るには必要な部分もあるので、
仕方がないかもしれません。

一般人には遠いと思っている「科学」
実はそう遠い存在ではないということに驚きましたが、
かつて日本でも拷問や決闘の結果で判断されていたけれど←神様の思し召し
現代日本では状況証拠、物的証拠と裁判内容になっている←科学的
という説明を読むと、「そう言われてみれば」と納得しました。


この本の良い点は、これまでの歴史事実を踏まえ、
その時代の思想・学問と心理学に関連性をもたせていること。
世界史、政治経済、倫理(哲学?)も一緒に時系列で追えるので
歴史背景を知ることで、より理解しやすいように配慮されています。
スポンサーサイト

Comment

キキコさまへ 

『幸福論』はアラン?それともラッセル?e-317
もしかしてそれ以外だったりして。。(^-^A
(どちらも名前くらいしか知らないけどv-411)

毎回、言葉不足で本当にすみませんv-436v-436
やはり、ここはきちんと書くべきでした←また後で気付いた人

「拷問ってのは加害者が神さまの思し召し」という
キキコさんの考え方で合っていると思いますv-218
他の誰も知らなくても、神様だけはご存知。
神様のご加護とか。。そういったことのようです。

で、この2つの拷問(熱湯と決闘)は、こんな考え方だったそうです。

熱湯の中に手をつけるという拷問
・もし悪いことをしていなければ何の迷いもなくその鍋の底まで手を入れること出来る
(その鍋に入っている水は上の方は熱いけれど底の方は熱くなかったので)
・神のご加護により鍋の中に手を入れても火傷などもしない。

決闘を行う拷問
加害者と被害者が行うのですが、これも熱湯と同じように
潔白であれば(神のご加護により)決闘に勝利する←ホンマかいな?って感じですが
ということなのだそうです。


そうですよね。私も心理学系などのエキスパートは必要だと思います。
現状の日本では、まだまだ諸外国の制度をじっくり調査して勉強して、
日本の裁判員制度にどう取り入れるか、熟考を繰り返して欲しいです。
  • posted by ゆちゅみ@管理人 
  • URL 
  • 2009.08/12 02:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

ふみふみさまへ 

『倫理』特殊そうですね(笑)←授業がなかったのでイメージ
さすがに世界史や日本史は授業数は多そうですが、
『倫理』『政治経済』などとなると授業数は少なそうですね。
大学の講義で哲学を学ぶまでは、社会の教科書に名前が出ても、
1、2行で簡単にまとめられていたように思います。

あははv-411先生の思い出話ですか?
教科書は必要なさそうですねv-391
試験問題も先生の思い出話から出題されたとか?←そんなワケない!

メディアで取り上げられる心理学は
数字(視聴率)のために取り上げられていて、
(数字が)取れそうな内容にかなり脚色されているような気がします。

そうそう!分かります。
哲学書の基本となっているのは「心」と「考え方」だと思うのですが、
言葉が難しくて身近に感じることが出来る内容がないので、
あまりにも遠くにありすぎて、論点や言いたいことが何か分からず
読み終わると頭痛が。。。v-403

ふみふみさんのベランダでセミが盛大に(^-^A
家の前も特にセミ率高いので、お互いv-406ですよね。
お墓参りにいったのですが、時々聞こえるセミの音に
いつ向かってくるのかとビクビクしながらv-404
お墓の掃除をしていました。

すると、何度かやってきました。蚊が。。←セミちがうじゃん!
腕の上に乗った時点で払いのけたので刺されずにすみましたv-221
  • posted by ゆちゅみ@管理人 
  • URL 
  • 2009.08/12 02:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

ゆちゅみさま 

わたしの学校では、哲学、第一が「幸福論」からはいりましたよ♪
なつかしいです~(^^)
太古から、日本では、拷問や決闘を神がかり的に考えていたのかなあ~???
歴史の上で、鎌倉後期に蒙古襲来の際には、神風で助かったけど。。。
秀吉時代の朝鮮出兵は神風が吹かず結果失敗に終わった。。。
って、くらしか、神がかり的なことが浮かばない(^^;)
あっ、拷問ってのは加害者が神さまの思し召しって、ことかなあ???
理解力がなくって、ごめんなさい(^^;)
現代、状況証拠、物的証拠に最終的には、時には「状量酌量」ということも。。。
その、余地があるか、ないかによっては大きな違いもでてきますよね(^^)
そこに、心理的なエキスパートの存在が海外では欠かせないようですね。。。。
  • posted by キキコ 
  • URL 
  • 2009.08/11 18:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

哲学者の名前見て思い出したけど、高校の時「倫理」だったかな?そんな授業ありませんでした?
これを教えてくれた先生が、これまた堅苦しい先生で、授業数も少なかったし何をやりたい科目なのかよく分かりませんでした(^_^;)(ほとんど、先生の思い出話??)

メディアで取り上げられる心理学は、学問としてより面白おかしく取り上げられてるんでしょうね。
↑の授業で、哲学書を読む課題があったんだけど(ソクラテスかプラトーンか何か)、分かるような分からないような・・・結局何が言いたいのか、、って感じでしたe-263

はぁ~・・今、ベランダでセミが盛大に鳴いてます。
しかも2匹で合唱v-406 セミ率高し・・
  • posted by ふみふみ 
  • URL 
  • 2009.08/11 18:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

チャピマさまへ 

そうなんですよ。私も講義を受けて
一般的なイメージと大きく異なることに気付きました。

教える先生や使用する教科書によって方向性は変わると思いますが、
え?哲学?心理学?って思いました。←どちらか分からなかった(笑)
哲学の講義もおもしろかったですが、
心理学と結びつかなかったので驚きでした。

哲学と聞くと、どうしても堅苦しいイメージがあって
ちょっと敬遠したくなりますよね(笑)
  • posted by ゆちゅみ@管理人 
  • URL 
  • 2009.08/11 04:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

心理学って習ったことはないんだけれど、確かに一般的なイメージと、大学で習うものとは違うみたいね。
心理学科に通う学生の声として、イメージと違ったという話は時々聞きます。
哲学を習うとは思ってなかったんでしょうね~。
哲学と聞くと、つい敬遠したくなっちゃいます。(笑)
  • posted by チャピマ 
  • URL 
  • 2009.08/10 21:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

検索

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
最新の記事+コメント

日記いろいろ について

内容
その日の出来事、見たこと感じたこと
気になるニュース

カテゴリーについて
リンクについて
ブログについて
コメントについて

お気に入りはこちら

当ブログはリンクフリーですが、
一言ご連絡いただけると嬉しいです
(リンクフリーはトップページのみ)



~ケイタイ(QRコード)~
QRコード




ゆちゅみ

Author:ゆちゅみ
めがねっ娘。
ホスピタリティ旺盛なメイド?で
学校の先生のような性格だとか。
すき:わんこ&にゃんこ
特にトイ・プードルが大好き
家:にゃんこ3匹(たぶん7歳)
日課?:ねこの医学書探し&読むこと

いぬとねこ

1匹でも多く幸せになってほしいですね いつでも里親募集中 ぜんこく犬猫助成金リスト
猫とネコとふたつの本棚

カテゴリー

グリムス

かわいい

まねきねこダック

Translation(自動翻訳)

最近読んだ本

1つ1つの話が短くて読みやすかったです

ジョージ・ウィンストンはかなり欲しい! 誰かくれないかなぁ(笑)

ゆちゅみの本棚

今、読んでいる本や、気になっている本、 これから読む予定の本などを集めてみました。

ジャンルはバラバラです(笑) 本あり、CDあり、DVDあり(^-^A

カウンターなど

オンライン:
ありがとう!

C-Checker

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。